映画ボヘミアンラプソディーのあらすじや感想ネタバレ!実際に見た評判や口コミをレビュー

こんにちは!

 

映画やアニメを見る前に、その作品がどんな作品なのかきになりますよね。

本当に面白いのか?あらすじだけでも知りたいなぁと思いますし、私も若干下調べしてから作品を見るパターンが多いです。

 

そこで今回は、実際に見たことがある方にリアルな感想を聞くことが出来たので紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画ボヘミアンラプソディーのあらすじや感想ネタバレ!

cさん
QUEENが大好きな人はもちろん、全然QUEENのことを知らない人でも楽しむことができる最高な映画でした。

知らない人も一度は聞いたことがあるQUEENの曲が盛りだくさん、どうやってQUEENというグループが誕生したのか、などのQUEENの歴史、内容も曲も両方楽しめる映画でした。最後のシーンは完成度の高いライブ再現、QUEENの背景を知った上で見られるので感動間違いなしです。

映画を見終わった後、絶対実際のライブ映像を見てみたくなります。私は帰宅してすぐyoutubeで実際のライブ映像を検索していました。

ぜひ音響が良い映画館で見ることをおすすめします。QUEENのファンにならざるを得ない映画、もともと好きだった人はもっとファンになってしまう映画。

これほど余韻まで楽しめる映画はなかなかないです。しばらくQUEENの曲をずっと聞くことになります(笑)

dさん
ロックバンド・クイーンのことをよく知らなくても、曲を聴いたことがあるという人は多いでしょう。

かくいう私もそのひとり。評判がいいので観に行きましたが、最初はあまり期待感が高いわけではありませんでした。しかし、いざ始まってみたら期待薄をひっくり返す面白さの連続。

ギターの迫力ある重厚な音は、映画館の高音質・大音量で聴いてこそ震えるものがあります。ストーリー自体は、あるバンドの成功までの苦労の歴史で大したことはありませんが、ラストは号泣します。

aさん
もともとQueenが大好きなので、公開前から絶対に観ようと思っていました。

鑑賞後の感想は、物凄くQueenの再現度が高いということです。特にフレディーを演じる主役の俳優さんは、顔そのものがフレディーに似ているという訳ではないのに、もはやフレディーが憑依していると言ってもいい位、動きや仕草を完璧にマスターしていました。

Queenの事を知らない方々にも、バンドの歴史を上手く知ってもらえて、また新たな世代のファンが増えるだろうなと思います。

sさん
私たちが知ることのできないQUEENとフレディ・マーキュリーの闇の部分を見ることができ、感動と悲しみのどちらの涙もなしでは見ることができませんでした。

フレディはとても派手で奇抜な印象もありますが、とても感受性が豊かで、本当に心根の優しい方なのだと思いました。

たくさんの苦難がありましたが、最後までエンターテイナーとして生き続け、情熱的なパフォーマンスは多くのファンに喜びや希望を与えていたからこそ、今も伝説となってファンの心を鷲掴みにし続けているというのが、よくわかります。

私はQUEENをリアルタイムで観ていた世代ではなく、楽曲は親の影響で知ってカッコいいと思う程度でしたが、この映画を通してファンになりました。

フレディが今も生きていたらな…リアルタイムで活動する姿を見てみたかったです。QUEENを知らない方もひとりの人の生き方を見て、心を動かされると思います。

fさん
2018年の大ヒット作品なので、様々な人が様々な視点から感想を書いています。

そういった中でもリアルタイム・クイーン世代として、若い人たちやロックを疎ましく思っている人たちに向けてのこの映画の魅力を伝えたいと思います。この映画は、「胸がスカッとする映画です。」ストレスの多い現代にヒーロー映画でもなければこれだけスカッとさせてくれる作品に中々出会えません。

フレディという複雑な事情を抱えた主人公が苦難に立ち向かって、人助けのために絶唱するラスト、これで誰もがスカッと出来るはずです。

tさん
QUEENというバンドは知っていたけど、正直世代ではなかったので興味本位でみましたが、最高の映画でした!

ボーカルの方の生涯がどんなものだったのかを知り、QUEENというバンドが大好きになりました!

色々な葛藤がありながらも周りの仲間の支えがあり前向きに生涯を終えられたボーカルに感激しました。劇中には自分の知っている曲もあり、どんな状況でその曲が作られたのかを知り、もっともっとQUEENの曲を聞きたいと思いました。

mさん
この映画はqueenのボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた実話です。

バイセクシャルが故に愛する人や仲間との別離、孤独から和解までが描かれており、より深くフレディ及びqueenについて知る事が出来ます。

知れば知る程queenは仲間同士の絆が強く、常に新しい事を追い求める時代の先駆者だったんだなという事が分かり、映画を観る前よりさらにファンになりました。それから恋人だったメアリーが妊娠を告白すると、フレディが思わず「なんという事だ」と言ってしまうシーンがあるのですが、私はここが一番印象的でした。

全て観て来て最後に「LIVE AID」のシーンになるのですが、フレディがどんな思いを抱えてあのライブに立っていたかと思うと胸がいっぱいになります。

これはYouTubeで実際の映像を見る事が出来るのですが、涙が出ます!もうこの世にいないのかと思うと残念でなりません。

mさん
内容はフレディ・マーキュリーがロンドンに移住してから、ライヴエイド開催までの15年位の話です。

ロックバンド、クイーンの栄光やフレディの容姿、恋愛等に関するコンプレックスや葛藤が細やかに描かれてます。

好きな女性と結婚の約束をしたのに自分がバイセクシャルなのに気付き、カノジョに告白するシーンはかなり切ないです。

その後、カノジョとは親友同士になりますが、フレディは常に孤独感を感じていて、クイーンのメンバーに「オレたち家族だろ!?」と言われても「キミたちは奥さんや子供がいるじゃないか。オレは独りだ!」と叫ぶところが特に切ないです。

フレディは生活が荒れたりソロ活動を行った後、他のメンバーと和解して、ライヴエイドのシーンで清々しくラストを迎えた。

ライヴエイドのシーンで一緒に歌いたかったです。既にフレディが故人になってしまったのが残念です。

jさん
3度観賞した私が、映画の魅力をひと言で語ると
フレディの魅力、人生、メアリーとの唯一無二の関係、バンドメンバーとの愛、両親との確執、セクシャリティとは…?家族とは?…すべてがギッシリ詰まった映画です。

1度映画館で鑑賞したくなる映画です。

映画ボヘミアンラプソディーを実際に見た評判や口コミをレビュー!

tさん
是非一度映画ボヘミアンラプソディーをチェックしてみてくださいね!

頭の中でQUEENの歌が流れ続けています。

フレディ・マーキュリーとQUEENの人生の物語私が産まれる前の人なので、どんな人なのか全く知らず、口コミの良さだけで見に行きました。

フレディ・マーキュリーと言う人もQUEENも知らない私でしたが、聞いてみると知っている曲ばかり。

最後のステージ場面では飲み込まれました。

映画が終わっても歌やステージが頭から離れません。家に帰ってからQUEENのステージや曲をリピートして聞いています!

hさん
今一番アツイ映画です。クイーンは自分よりは上の世代の人がハマったバンドだと思いますが彼らの音楽は今でも充分私達に大切な何かを教えてくれる人それぞれが持ち続けていける大切なものに気付けるそんな音楽です。

映画の中でフレディマーキュリーやその他のメンバーについてそんな出来事があったのかと分かるのも楽しいのでクイーンを知らない下の世代の人でも感動できる映画です。

最後のライブ映像はまるで実際のライブを流したかのようによく撮られていてよく再現できたなぁと感心します。結末が始めからわかっているのが悲しいけどそれもまた現実なんだと考えられた映画でもありました。

uさん
Queenの映画で元々夫が大のQueen好きで観ました。

フレディ・マーキュリーはもう残念ながら亡くなってしまいましたが、フレディ・マーキュリーの人物像や、思考がわかる、素晴らしい映画です。

劇中にはQueenの様々な楽曲が聞けるので、映画を見てるって感覚より、LIVEに行ってる気持ちになれます、フレディ・マーキュリーの同性愛も赤裸々に告白されてて、恋人との話も見れたのが本当に良かったです。

2018年に見た映画で1番心と記憶に残る映画でした。

oさん
一言で言うとQUEENの歴史。自分は23歳で詳しくQUEENの事は知らないけど、映画の内容はとても面白かったです。

主人子のマーキュリーの天才ぶりや苦悩また、QUEENの歌の誕生や経緯までもが描かれ詳しく知らない人でもわかりやすく面白く作られていました。

映画の最後20分間は確かに感動でした。締めくくりとしてあの終わり方は印象が強かったです。

観終わってからはあの有名な歌はQUEENだったのかと気付かされ、他の歌も聞き漁りました。最後にQUEENの好きな人やQUEEN世代の人は観るべきだと思いました。

oさん
同じ映画を2回観るのは、人生で初めてでした!

映画自体滅多に観ない、しかもQueenの事なんて全く知らない世代の私がこんなにハマって感動するなんて、自分に驚きましたwフレディはもちろん、メンバーがとにかく優しくて「なんて素敵なグループなんだろう」と大ファンになりました♪

家に帰ってからずっとQueenの曲をヘビロテして聴いて、一緒に観に行った姉と映画について・Queenについて語り合いました。是非みなさんも映画館で!

nさん
クイーンを好きな人クイーンを知らない人どちらでも夢中になれる映画。私はクイーンの曲をいくつか知っている程度でした。(CMで聞いた事があるくらいです)

またクイーンのメンバーの中でフレディしか知っていませんでしたし、ヒゲと胸毛のイメージしか持っていませんでした。

そんな私がこの映画を見て、「あの歌はこんな風に出来てたのか」「メンバーの一人一人に個性がちゃんとある」「フレディってこんな人だったのか」と謎解きをしているような感覚になり夢中になりました。

見終わったあとも余韻が残り「映画を見た上でちゃんとクイーンを聞いてみよう」とすぐCDを借りて聞きました。この映画をきっかけに私はクイーンを好きになりました。

kさん
外国の映画で字幕だったが、ストーリーの展開が面白く夢中で見れました。

内容の中でホモだったという現実に驚いてしまいましたが、外国ではよく合ったことで、それを受け入れる人たちも多く、私の中ではありえない思ってもいなかった内容に驚いた。

それをきっかけにHIVという恐ろしい病を発症してしまい、死んでしまったが、仲間や恋人家族を失ってしまっても好きなこと音楽を無我夢中ですることが出来て、みんなとまたやり直して最後は自分の音楽を世に広げて終わることが出来たということが素晴らしく、人生短くても充実したものだったんだなと感じた。

そして今もまたその曲音楽は親しみあるものなので、偉大な人だと思った。

rさん
クイーンがどうやって結成され、頂点まで上りつめていくまでを全然知らなかったので、面白かったです。

そして、トップにたってからフレディーのわがままぶりや傍若無人なところがうまく描かれていました。

そんな彼に、去っていったメンバーだったんですが、フレディがエイズになってから彼のところに戻ってきて最後まで彼に暖かく接していたメンバーの心の広さに感動しました。

そんな、優しいメンバーがいたからこそ、フレデイマーキュリーが天才的な才能を発揮できたんだなって思いました。

yさん
フレディにとってメアリーはまさに「運命の人」です。

彼は「自分はバイセクシャルだ」と告白しますが、メアリーは「あなたはゲイよ」と諭します。

淋しさを紛らわすようにフレディはドラックパーティにハマり、複数の男性と関係を持っていきますが、彼の孤独とはいったい何だろう?と思うのです。

メアリーと交際当初のシーンに「なりたい自分になれる」というセリフがありました。おそらくコンプレックスがあったのでしょう。

コカインやゲイシーンもありましたが、フレディの人生の一部として受け入れることができます。彼は性別を超えて「自分の家族」を愛するのがフレディのセクシャリティなのです。

yさん
主人公のフレディマーキュリーの再現性が非常に高く、実際の本人の再来を思わせるほど卓越した演技力で、映画が始まってすぐにクイーンの世界に引き込まれました。

他のバンドのメンバーの再現性もさるとこながら、ライブ映像のシーンでは紙コップの位置まで、実際のライブとそっくりそのまま同じだったので鳥肌が立ったほどです。

ストーリが進むにつれて、「ああ、もうちょっとこの歌歌ってほしいなぁ」「最後まで聞きたいなぁ」と感じていて、しかし映画なので物語の進行が先決なのか…と
感じていたところ、最後にそっくりそのままのライブシーンがあり、大興奮の大満足でした。

構成、役者の演技力、ファンの期待を裏切らない再現性の高さ、そして圧巻のライブシーン。すべてにおいて歴史に残るほどの映画になったのではないかと思いました。

まとめ

今回は、映画ボヘミアンラプソディーのあらすじや感想ネタバレについて紹介しました。

 

2018年は一番と言えるぐらいおすすめ出来る映画です。

QUEENというバンドのことは知っていましたが、ボヘミアンラプソディを見るまでフレディ・マーキュリーのことは全然知りませんでした。

QUEENというバンドを組んだきっかけ、今でもよく聞く名曲がどうやって作られたのか知ることができました!ライブエイドでプロデューサー?の方が近隣から騒音でクレームがきているのにもかかわらず、QUEENのときだけ、音量をマックスにしてQUEENの曲を世界に届けたいという思いを知り、鳥肌が立つほど感動しました!

 

是非感想を参考にして一度は視聴してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

VODサービス

DVDをレンタルすると近場になく時間がかかったり、毎日レンタルする本数が多くなりレンタル代が高くなることも。

そこでVODサービスを利用すると自宅で無料で動画を視聴する事が出来ますよ。

どんなサービスなのか比較しましたので、あなたの合うサービスを見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です